Nokia スマートウォッチ Steel

※2017年8月追記

現在、「Withings Activite Steel」は「Nokia スマートウォッチ Steel」に、「Withings ネットワーク対応 体重計 Smart Body Analyzer」は「Nokia スマート体重計 Body」に変更されて販売されています。
記事投稿時点での名称は”Withing Activite Steel”、”Withings ネットワーク対応 体重計 Smart Body Analyzer”と記載していますが、リンク先は”Nokia スマートウォッチ Steel”、”Nokia スマート体重計 Body”に変更しています。

最近日本でも発売されたWithings Activite Steel BLACK(ウィジングス アクティビティ スティール)を購入してみたので、ファーストレビューをば。

もともと、毎日の体重を勝手に記録してくれる体重計がないかと探していたところ、見つけたのが、Withings ネットワーク対応 体重計 Smart Body Analyzer

Nokia スマートウォッチ Steel

この体重計の2つ前のモデル?だけど、Wifiの環境さえあれば、ネットワークを設定すると、測った体重がすぐにサーバーに送信され、データをWebやiPhoneから見ることができるというすぐれもの。

さらに、4人まで登録が可能で、勝手に誰の体重かも判断してくれます。

仮に、近い体重の人がいれば、候補が表示されて、体重計に乗ったまま左右への体重移動することにより、自分のデータを選ぶことができます。

これを使い出すと、毎日体重を測るのが楽しくなってきますよ!

まさに、体重計に乗るだけで、きちんと体重を記録してくれ、体重の推移を見ることができるんです。

ただ、体重が増えていくと、乗るのをためらってしまうのがネックですが。。。

で、その次に、日々の歩数と睡眠を管理しようと思って
Withings Pulse アクティビティトラッカーNokia スマートウォッチ Steelを購入。

Nokia スマートウォッチ Steel

ポケットに入れておけばいいんですが、睡眠を記録しようと思ったら、専用のリストバンドにセットしないといけないので、ちょっと面倒なんですよね。
一応、万歩計+脈拍計測+睡眠管理ができます。

で、このアクティビティトラッカー、キャンプに行った時に落としてしまって、気付いたのが家に帰ってきてからだったので、それ以来、活動量計としては、何も持っていなかったんです。

それから約1年ほどの月日が流れました。

もともとWithingsのIDは持っていたので、先日、その登録アドレスに、魅力的なメールが来ちゃったんですね〜!

前から、時計を兼ねた活動量計には興味があって、
Jawbone UP3 ワイヤレス活動量計リストバンドNokia スマートウォッチ Steel

Nokia スマートウォッチ Steel

Fitbit ChargeHR

Nokiaスマートウォッチ Steel

には、興味があったんですが、まーいらんかな〜と購入にまでは至っていませんでした。

で、Withingsからの超魅力的なオファーですよ!

思わず、Amazonで速攻買おうと思ってクリックしたら、5月23日入荷の表示が。。。

で、ヨドバシカメラに連絡。

在庫があったので、取り置きをお願いして、速攻買いに行きました!

まー店員さんによると、

取り置かなくても品切れになることはないですけど

でしたが、とは言いつつも、行った時になかったらショックですよね。

で、これ!
w0 Nokia スマートウォッチ Steel

売り場には、まだ見本がなかったので、すでに販売されているWithing Activite Popの見本でリストバンドを確認すると、結構ふにゃふにゃだったので、購入後すぐに時計売り場に移動して、好みのバンドと交換。

交換作業を待っている間に説明書を読んでいると、なんと電池交換は時計の専門店でやってくれとのこと。

最長8ヶ月は持つといいながらも多分6ヶ月くらいかなという予想なので、自分で交換できないか試行錯誤した結果、専用の工具が1000円もしない値段で売ってたので、リストバンド交換ができる工具と一緒に購入。

とりあえず、両方を付けてみた感じがこちら。

w3 Nokia スマートウォッチ Steel

左が純正で、右が選んだもの。
Nike+のシューズも黒に赤いラインが入ったものを最初に購入したので、黒字に赤ラインが私のお気に入り。

ってことで、早速、Withings Activite Steel BLACK(ウィジングス アクティブ スティール)のセットアップレビューをば。

すでに、WithingsのIDは取得して、アプリも活用しているので、そのへんのことは置いといて、今回やった手順を載せていきます。

まずは、
iPhoneのBluetoothをOnにします。
ここ意外と大切です(笑)

アプリを開き、左上の「三」をクリックすると下の左の画面になるので、「My devices」をタッチ。
w1 Nokia スマートウォッチSteel

私の場合、すでに体重計が登録されているので、その下の、「Install a new device」をタッチ。

次に、「Activite Watches」をタッチ。

あっと!
今気づいたのですが、私は今、わけあってiPhoneの言語をEnglishにしているもので、日本語の場合は少し違うかもしれません(汗)。

w2 NokiaスマートウォッチSteel

つづいて、Pop、Steel、ActiviteからSteelをタッチ。

次に「Install now(今すぐインストール)」をタッチ。

付属している道具でリセットボタンを押すと、本体のアップデートが始まります。

w4 Nokia スマートウォッチ Steel

Withings Activite Steel本体のアップデートにはちょっとだけ時間がかかります。

w5 Nokiaスマートウォッチ Steel

アップデートが完了すると、誰のデバイスなのか聞いてくるので、何人か登録されている中から自分を選択。

次にWithings Activite Steel本体の針の調整を行います。

w6 NokiaスマートウォッチSteel

分針、時針、歩数針!?の順番に、ゼロ値に調整します。

ちなみに、iPhoneの画面を触ると本体の針が回るので、ちょっと感動しちゃいます!!

最初の段階でズレがなければ触る必要はありません。

w7 Nokia スマートウォッチ Steel

すべて完了すれば、セットアップ完了です。

あとは、腕時計として一日中つけていれば、しっかりと活動状況を記録してくれます。

次回は、使ってみてのレビューをしてみたいと思いますが、

とりあえず、購入を検討しているあなたが気になるところについて、少し触れておきます。

  • リストバンド交換は自分でできるのか?
  • 充電は必要ないの?
  • 目覚ましはどうなの?

このくらいが気になるところかと思います。

1.リストバンド交換は自分でできるのか?

純正のリストバンドへの交換の場合、工具がなくても自分で交換可能な仕様になっています。
何もわからなかったので、お店で交換してもらいましたが、普通のバンドに交換する場合でもこんな「時計バンド交換工具」があれば交換可能です。
Nokia スマートウォッチ Steel

2.充電は必要ないの?

充電ではなく、ボタン電池「CR2025」を使っています。
基本的に、普通の時計と同じ電池交換方法になるので、自分で交換することはオススメしません。
説明書にも、

時計専門店で電池交換をして下さい。

と記載されています。

ただ、最長でも8ヶ月しか電池が持たないので、自分で挑戦したい場合は、「時計専用 裏ブタ オープナー」があればできるはずです。

Nokia スマートウォッチ Steel

※電池交換をしてみましたので、電池交換のやり方は「Withings Activite Steelの電池交換を自分でしてみた!(Nokia スマートウォッチ Steel)」を参考にしてみて下さい。

あくまで自己責任でどうぞ。

最後に、

3.目覚ましはどうなの?

アプリで目覚ましのアラーム時間をセットできます。

  • 何時に鳴らすか。
  • 何分前までなら鳴らすのか。
  • 何曜日に鳴らすか。

2つ目の「何分前までなら鳴らすのか。」の意味がわかりづらいと思うので、説明すると、

私たちの睡眠には、ノンレム睡眠とレム睡眠があって、深い眠り(ノンレム睡眠)の時に起こされると目覚めが悪くなります。

なので、浅い眠り(レム睡眠)の時に起こせば目覚めが良くなるので、

Nokia スマートウォッチ Steel(Withings Activite Steel)

が浅い眠りを判断して起こしてくれます。
その浅い眠りの時に起こすための時間の幅を設定できるということです。

例えば、朝7時に起きたいのなら、7時に浅い眠りになっているとは限りませんので、どのくらい前までなら起こしてもいいですかということで、30分前とかの時間を設定できるということです。

ということで、あなたも自分のライフスタイルを管理できるスタイリッシュな時計

Nokia スマートウォッチ Steel(Withings Activite Steel)

にハマってみませんか?

Nokia スマートウォッチ Steel(Withings Activite Steel)はこちら ↓↓↓