breadrule

8人目は「今村吉弘」さん

凡人のためのBreak Rule 2016

Case08、今村吉宏氏

2008年に和佐さんのコンサルを受けて、
ダイエットの方法を販売したけど、まったく売れず、スタートでコケた感じだそうです。

半年もかけてボリュームあるものを作ったにもかかわらず、
どこからもクレームが来ないように、完璧なものを作ったにもかかわらず、
売れたのはたったの3本。

この挫折が後に生きてきたそうです。

で、今は、プログラムを作って、販売しているそうですが、
もともとは趣味でやっていたプログラムで、それが売れるとという発想もなかったし、ビジネスにしようとは思っていなかったそうです。

いろいろと瞑想していた期間があって、
実績を作って、レビューや成功者の声を集める必要があると言われていたにもかかわらず、
実績がなくてもいいものなんだから売れると思っていたけど、
まったく売れずにやっぱ必要なことだと改めて実感したとのこと。

それで、いろいろ調べてみると、PPCアフィリがあって、
やり方はわかるけど面倒だということで、
どうやれば楽にできるか考えながらツールを作成して、
無料で配布していたところ、

ある時、

なんで、こんな有料でも売れるものを無料で配ってるのか?

というメールが来て、そこではじめて売っていいのかと気付いたそうです。

確かに、趣味で作ってるものを売って、クレームが来たらどうしようとか思います。
特に、プログラムだと、バグが起こったら対応しなきゃなんないし、不安になりますよね。

今村さんの成功は、ダイエットに失敗したからこそ、
他のものを探し出すようになって、そこで自分がやるべきことを見るけることができたわけです。

一人ですべてやろうとして、やりきった経験があるから、
よりユーザーに寄り添った形のプログラムを作ることができ、そ
れが、自分の価値を高める要因となっているわけですね。

普通は、どんなツールが必要が企画者がいて、それをプログラマーに外注するという工程になるんだけど、プログラマーは基本、言われたことしかしないので、かゆいところに手がとどかないわけです。

それが、今村吉宏氏の場合は、自分がマーケットもコピーライティングもできるプログラマーということで、かなりの付加価値を持っているわけです。

2008年にダイエット教材を作った時は、1ヶ月で売れないと悟って、すっぱり諦めて次に目を向けたとのこと。

ここでも出ましたね。

「捨てる」

この切替が素晴らしい!

で、いろいろ調べ始めてPPCアフィリを見つけたけれど、面倒なので、手が掛からないものを作り始めてフリーソフトとして配布して、そこで、メルマガを発行して、しっかりとリストを取っていたそうです。

そのメールマガジンの中で、先ほどの

なんで、こんな有料でも売れるものを無料で配ってるのか?

メールが届くわけですが、
このメールを送った人がなんと、「扇動マーケティング」を販売している「だいぽん」さんだったそうです。

で、メルマガで凄いツールを作るって宣言して、いざ200〜300のリストに販売をかけると、50本も売れてしまったそうです。

それで、アフィリエイターからその商品を紹介したいということだったので、準備をして、アフィリエイトを解放した途端に300本も売れて、そこからどんどんと売れ出したとのこと。

ホントはバグが発生したりすると怖いので最初はあんまり売れないでくれと思っていたそうですよ(笑)。

まーわかりますよね。
私たちだって、無料のアプリですらクレームを言ってしまいますもんね。

実は、その「だいぽん」さんには、セミナーの講師をお願いしたり一緒に塾をやったりしていたんですね。

そこから、新世界アフィリエイトを販売している新田さん(みんてぃあ)とツイッターツールを販売したりということで、気づけば人をつなげたりすることもやっていたそうです。

しっかりとDRMを勉強して、ダイエット教材で練習(失敗)して、プログラムをフリーで配って、リストを集めるということで、ブレイクスルーへの道のりを歩いていたわけですね。

そんな今西吉宏さんが、
最初に和佐大輔氏に言われたことで、いまだに守っていることがあります。

それが、

それって、情熱持ってやれるって言えますか?

ダイエットはまったく情熱がなかったそうです。
特にモチベーションが上がらなかったとのこと。

ただ、プログラムは大好きだから、徹夜してでもやっちゃうらしいです。

基本、プログラムには完成が無いので、フィードバックをたくさん受けることができる。
一方、ダイエットだと、どこからも突っ込みようが無いものを作っていたので、
悪く言えば、どこからもフィードバックを得られないということで、
ある意味、先が無いってことになりますよね。

サラリーマンを20年やってきているので、ぜひ、サラリーマンの方にもで是非やってもらいたいということをおっしゃってます。
始めるのは、早ければ早いほどいいですからね。

自分の価値を高め、良い環境に身を置き、ネットワークを確立させることができたなら、失敗することのないループに乗り込むことが可能なんです。

今西さんは、サラリーマンやめちゃったので、最初はうまくいかずに、貯金もそこをついてきて、
その時にプログラムが売れなければサラリーマン戻ろうと思っていたそうです。

そんな今西吉宏さんだからこそ、

サラリーマンを辞めるのはやめたほうがいい

と話す言葉にはかなりの現実味が感じられます。

今は、副業はやろうと思えば何でもできるし、副業を許可している会社も出てきている。
副業禁止なところでも、自分の名前以外でやれば、バレることはほぼ無いし。

まーとりあえず、のんびりやってみたらいいんじゃないのとのこと。

焦らず、ゆっくりと成果が出る方向性を考えてみてください。

ちなみに、年間の収入の申告が必要なのは60万とか行ってますが、
実は、20万から。

ただ、報告の必要はなくても、所得税は払わないといけないので、その点注意しましょうね。

今回の今村吉弘氏の場合にも

ブレイクスルーのための3つの絶対ルール

がピッタリと当てはまっちゃいますよね。

まだ、

凡人のためのBreak Rule 2016

に登録していない方は、ぜひ登録してみてください。

凡人のためのBreak Rule 2016の登録はこちらから!

今村吉弘氏は、現在、引きこもっている!?そうで、裏方にまわって、稼ぎ続けているそうです。

今回の一言

やりきったうえで失敗してみないとわからない。開き直った時にやるべきことがわかる。