マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則

ドラッガーといえば、マネジメントの生みの親として有名ですが、Amazonのレビューで非常に評価の高いドラッガーの「マネジメント」の読まなくてもわかる要約を作ってみました。

要点を押さえてわかりやすく説明したつもりですが、わかりにくいところがあれば、一度、ドラッガーのマネジメントを読んでみることをおすすめします。
それでは、ドラッガーの「マネジメント」、読まなくてもわかる要約をどうぞ!

ドラッガーって誰?

もしドラで一躍日本に名を知られるようになったドラッガーですが、その名前は、「ピーター・フェルディナンド・ドラッガー」。
1990年11月19日の生まれで、現在のオーストリア(ハンガリー帝国)の首都ウィーン出身、2005年11月11日に96歳でこの世を去りました。

ドラッガーの家系は政府の関係者や大学教授などを多く輩出している裕福な家庭でした。ドラッガーが少年のころは、第一次世界大戦中だったので、大変な毎日を過ごし、青年に成長してからは、昼間に貿易関係の仕事をして、夜に勉強をしていたようです。
その後、フランクフルト大学に転入、新聞記者などの職を経験し、イギリスへ移住したのち、最終的にアメリカへわたります。
ドラッガーの名前が有名になるのは、アメリカ移住以後の約70年間なんですね。

アメリカに渡った後は、政治・社会・経済関連の著書では、未来の社会を予想し、それを的中させたり、世界で最初に「マネジメント」を総合的に扱った著書を世に生み出しました。まさに「マネジメント」はドラッガーの代表作といえます。

「マネジメント」の構成

  1. 企業の成果
  2. 公的機関の成果
  3. 仕事と人間
  4. 社会的責任
  5. マネジャー
  6. マネジメントの技能
  7. マネジメントの組織
  8. トップマネジメント
  9. マネジメントの戦略

となっています。
1.〜5.までは、社会通念に従ったような基本的な姿勢やどんなビジネス書にも書いてあるようなビジネスを進める上では当たり前のようなことが書かれています。
6.からがマネジメントの本題に入っていくわけですが、最も重要なのは、「9.マネジメントの戦略」です。
基本的に、ドラッガーの著書は、経営者向けに書かれているので、一般的な「マネジメント」の概要を簡単に知りたい場合は、
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら (新潮文庫)を入門編として読んでみるといいかもしれません。

「マネジメント」の要約

会社に入社し、それなりの立場に上り詰めている人は、数え切れないくらい「マネジメント」という言葉を使ってきたと思います。
それだけ使っている「マネジメント」という言葉ですが、突然、

”「マネジメント」ってどういう意味ですか?

と聞かれたら、あなたは、すぐに答えることができるでしょうか?

  • 部下を管理すること
  • プロジェクトをコントロールすること
  • 管理職のこと

という答えが返ってくるかもしれません。
その答えは正しいのでしょうか?
使い慣れている言葉である「マネジメント」が、いざ説明するとなると、具体的に説明できないように、何気なしに使っている言葉ほど、深く意味を考えるとどんどんとわからなくなってしまうものです。

ドラッガーも同様に、「マネジメント」は、非常に理解しづらい言葉として捉えています。
ドラッガーはその理解に苦しむ!?「マネジメント」を次のように定義しました。

組織をして、成果をあげさせるための道具や機能、機関

これを読んでも、すっと頭に入ってくるわけはなく、
あ〜そういうことだったのか!
と分かる人は、ドラッガーの「マネジメント」を読む必要はないくらいのセンスを持った人でしょう。

なので、私たち凡人が「マネジメント」について、理解を深めるために、ドラッガーが定義している「組織」について、しっかりと学ぶ必要があります。

ドラッガーが「組織」と位置づけたのは、「社会の機関」であり、、あらゆる「社会の機関」が「組織」であれば、「組織」が、個人やコミニティ、社会の要望を満たすために存在する必要があると言っています。

逆説的に考えてみると、個人やコミュニティ、社会の要望を満たせない「組織」は存在価値すらないということで、「組織」が個人やコミュニティ、社会の要望を満たすことが使命であり、「組織」の存在意義になるわけです。

つまり、全ての企業は個人やコミュニティ、社会の要望を満たすための使命をもって、成果を上げることが存在価値であり、その成果を上げるために存在しているのが、「マネジメント」なのです。

企業にとって、個人やコミュニティ、社会は、「顧客」であり、「顧客」のニーズを満たし続けなければならないわけですね。
顧客満足度(Customer Satisfaction, CS)はよく聞く言葉ですが、顧客を創造することが企業の目的となり、そのために

マーケティングイノベーション

が必要であると指摘しています。

マーケティング」は、顧客のニーズを深掘りし、必要なサービスや製品を提供するものであり、「イノベーション」は、顧客が気付いていない新しい満足を創造するものです。

企業における「マネジメント」は、「マーケティング」と「イノベーション」を有効に機能させることが必要不可欠であり、企業が存続できるかどうかの鍵となってくるわけです。

これが、ドラッガーが考えるマネジメント論の要約であり、その基底となるものです。
ドラッガーが考えるマネジメント論は、「マーケティング」と「イノベーション」は切っても切り離せない存在であり、その二つが両輪となり、「マネジメント」というハンドルで、企業の目的地へと進んでいくようなものなのです。

なので、一般的に思われている部下の管理やプロジェクトの管理などという単純なものではなく、「マネジメント」は、まさに、

組織をして、成果をあげさせるもの

にほかならないわけです。

ドラッガーに学ぶ「ニッチの戦略」の教科書

ドラッガーの「マネジメント」を理解していただいたところで、次に紹介するのが、そのドラッガーのマネジメント論をもとに、「ニッチの戦略」で競争のない独自の市場を作り出し、オンリーワンの企業に育てるための方法を教えてくれる”ドラッガーに学ぶ「ニッチの戦略」の教科書“です。

もしあなたが、独自の市場を創りだし、現状の倍以上の利益を得たいと考えているのなら、この本は間違いなくあなたの役に立つでしょう。

この世の中には、たくさんのビジネス書が出回り、差別化戦略の方法が溢れかえっています。
にも関わらず、独自の市場を作り出せる企業は限られています。
それは、世にあふれるほとんどのビジネス書やノウハウが、どのようにあなたの商品を競合他社の商品と差別化するか、どのように違いを生み出すか、どうやって競争に勝つかということを目的にしているからです。

しかし、この”ドラッガーに学ぶ「ニッチの戦略」の教科書“で紹介されているドラッカーのニッチ戦略はまったく違うアプローチが紹介されています。

少しイメージしてみて下さい。

あなたが住んでいる町には、あなたが売る商品を買ってくれる人がたくさんいます。同じ商品を売る会社もありません。
あなたは、いつでも誰にでもあなたの商品を望んでくれる人に商品を売ることができるわけです。

まさに、「小さな町でオンリーワンの商店になる

あなた自身を「独自化」することで、競争のない状況を作り出し、負けることのない世界を作り出せばいいんです。

独自化すれば事業はシンプルになり、仕組化も簡単で、社員の能力やモチベーションにほとんど関係なく、継続的に利益をあげられるようになります。

そんなことをテーマに書かれているのが、”ドラッガーに学ぶ「ニッチの戦略」の教科書“です。

ぜひ、この本を読んであなた自身を「独自化」して、一人勝ちの世界に足を踏み入れて下さい。

ドラッガーに学ぶ「ニッチの戦略」の教科書“はこちらからどうぞ!!

90日間の無料返品保証付き

もし、この本を購入して、内容が気に入らなければ、90日以内であれば、無料で返金してくれるんです!
傷がついても、折り曲がっていても無条件で返金してくれます。理由は問われません。それだけ本の内容に自信があるということです。

あなたにとってのリスクはまさにゼロ”0”なんです!

今すぐ、商品ページをご覧になって、”ドラッガーに学ぶ「ニッチの戦略」の教科書“を読んでみてください!